SEAJ 一般社団法人 日本半導体製造装置協会
TOPEnglish 会員専用
教育セミナー
 その他セミナー
TOP部会のお知らせ>環境部会>専門委員会

ケムシェルパの概要と入門講座

 

参加者多数のため開催場所は同じですが、部屋を変更いたしました。

5F大会議室6Fホール

   SEAJ環境情報専門委員会では、電気電子分野が関係する製品含有化学物質の情報 伝達 のこれまでの仕組みに対してのサポートが、2017年度末までで 終了となるため、これまで通りRoHS指令・REACH規則を守るためには、ケムシェルパの普及が大変重要と考えております。そこで昨年度に引続きJAMP(アーティクルマネージメント推進協会)と共催でケムシェルパについての入門講座を企画致しました。
 ご関係者はもちろん、周りにご興味のある方がいらっしゃいましたら、 ご案内いただけますと幸いです。

 皆様のご参加をお待ち申し上げます。


開催日程
開 催 場 所

2018年1月26日(金)

 14:00(受付13:30)〜17:00

東京貨物運送健康保険組合 保険会館
新宿区四谷1-23

5F大会議室6Fホール

島津製作所 東京支社 地図
       

参加される方で 「演習を希望される方」  

「聴講のみの方」はご準備いただかなくて結構です。

↓↓当日PCをお持ちになる方は必ずシステムをダウンロードして下さい。

20180126Checklist_chemSHERPA.pdf(1,259MB)

「演習を希望される方」各自のPCを使用して、データ作成の手順説明※(PCを持参ください)
効率的、効果的に演習を行うために事前セミナー準備は必ず実施してください。

↓↓リンクから、経済産業省が作成したchemSHERPAの製品含有化学物質の情報伝達スキームの概要 及びデータ作成支援ツールの基本的な操作方法について、確認ができます。

http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/other/douga.html 

 当日の配布資料をアップいたしました。

会場には紙面で用意いたしますので、お持ちいただかなくても結構です。

2018126_JAMP_SEAJ_chemSHERPA.pdf(3,353MB) ※リンクは終了しました。

EUから始まったRoHS指令やREACH規則による含有化学物質管理が、各国へ広がっています。

電気電子分野が関係する製品含有化学物質の情報伝達の仕組みとしてケムシェルパについて

解説します。他の仕組みによるサポートは2017年度末までのサポートで終了となるため、ケム

シェルパの仕組みを理解しておくことは、RoHS指令・REACH規則を守るために重要になってきます。

プログラム                           

14:00〜 開会挨拶

14:05〜15:10 (1)製品含有化学物質情報伝達  共通様式「chemSHERPA」について

15:10〜 休憩

15:20〜16:40 (2)chemSHERPA実演紹介(データ作成方法)    

16:20〜 質疑応答

16:50〜 閉会挨拶・アンケート記入    

※ご案内の印刷はこちらからどうぞ ⇒ 20180126chemSHERPA.pdf(131KB)

     参加お申込者に事前アンケートのお願いをしております。⇒ 

  【お申し込み方法】  件名を 「ケムシェルパ1/26」 として、ご連絡先(社名・所属部署・お名前・e-mailアドレス・電話番号) を記載の上、  ↓を選択して、info@seaj.or.jp までメールにてお申し込み下さい。 

当日のPC利用 □有り(AC100V電源が必要)   

                     □有り(AC100V電源が不要)

           □無し(聴講のみ)

【定員】 70名  12/19(金)までにお申込下さい。以降はお電話にてお問い合わせ下さい。

SEAJ会員外の方のお申込枠は定員となりましたので、締め切らせて頂きました。

受講ご希望の会員の方はどうぞお早めにお申込下さい。

【担当】 事務局 杉坂・後藤 info@seaj.or.jp  03-3261-8262





個人情報保護方針サイトマップお問い合わせ